« Logicool C310でのオートガイド(その5) | トップページ | USBからDD-3のオートガイド端子を操作するリレーボックス製作 »

試し撮り

先週に、これまで組み上げた機材を確認するためテスト撮影に出かけた。

構成はこんな感じ。
◯赤道儀:GP赤道儀、DD-3, MT-1でモータードライブ
◯撮影:EOS Kiss X4+70-200mm F4+1.4倍エクステンダーをウエイト軸カメラ雲台+スリックパル自由雲台で固定
◯ガイド:R130S(13cm反射鏡)+3倍バロー+6mm+暗視野ガイド

オートガイドはまだできないんだけど、モータードライブは用意したので、暗視野ガイドを手に入れて、手動でガイドして200mmの望遠で撮影してみようという試みをやってみた。

仕事が終わってから千葉の亀山湖へ。10時を過ぎると街灯が消えるらしい。着いたときには既に消えていた。いい星空で撮影できるんだけど、めちゃくちゃ寒い。。

実際やってみて色々と課題がわかった。
◯長時間露出のやり方がわからない
◯赤経方向の追尾ができていない

初歩的なことで書くのも恥ずかしいんだけど、デジイチで長時間露出るためのバルブ撮影のやり方がわからなかった。昔々に天体写真やってた時はマニュアルフォーカスで、バルブ撮影も機械式のレリーズでやっていた。ネットで検索すると、EOS Kiss X4ではリモコンを使ってバルブ撮影できるとのこと。MモードでシャッタースピードをBULBにし、リモコンを押すと撮影開始、もう一回押すと撮影終了とのこと。帰宅後、早速、ヤフオクでリモコン購入。

もう一つは、赤経方向の追尾ができていない。というか、赤経方向は32倍速以外は機能していないようだ。赤経モーターに赤緯のコードをつなぐとうまく動いている。逆に赤緯モーターに赤経のコードをつなぐと同じ症状がでる。モーターの問題ではなくコントローラーの問題らしい。ヤフオクで中古を買うとこういうことがある。おとなしく修理に出そう。。。

結局、モータードライブなしの手動で追尾して、リモコンなしで撮影できる最長の30秒で撮影したのがこれ。それなりに星が点に写っているので、気をよくして今後の改良に期待。

M13
undefined

M97とM108
undefined

M51
undefined

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円
ジャンクレンズ(2本) 2500円送料込
Soligor f=75mm-260mm 1:4.5 1700円送料込
FDマウント用レンズキャップ2個 1100円送料込
リレーボックス材料 3500円送料込
暗視野ガイド、アダプタ 7500円送料込
カメラリモコン 2500円送料込

|

« Logicool C310でのオートガイド(その5) | トップページ | USBからDD-3のオートガイド端子を操作するリレーボックス製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420004/49570476

この記事へのトラックバック一覧です: 試し撮り:

« Logicool C310でのオートガイド(その5) | トップページ | USBからDD-3のオートガイド端子を操作するリレーボックス製作 »