« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

USBからDD-3のオートガイド端子を操作するリレーボックス製作

オートガイド撮影用のガイド鏡+ウェブカメラの工作が順調に進んでいるので、気をよくして赤道儀側の工作にも手を付けることにした。

手持ちのGP赤道儀と、モータードライブとコントローラー(DD-3)は用意したので、これをパソコンから制御しようと思う。VIXENの説明書によれば、DD-3にはST-3互換のオートガイダー端子がついていて、極性ものっている。

さらにネットを調べてみると先人たちが色々と試していて、回路図も公開してくれている。今回はこちらのサイトを参考にさせてもらった。動作確認用のLEDは要らないので省略。カメラのシャッターコントロールも要らないので省略。

秋葉原のマルツで物色してみるといいケースが見つかった。普通のブラケースより雰囲気が出ててgood。ブレッドボードで仮組して動作を確認しはんだ付け。はんだも十何年ぶりなので色々と解説ページを見ていたら神業的なはんだ技術を披露しているページがあったので、すごく勉強になった。

出来上がったのがこちら。
undefined

undefined

動作確認は次回に。

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円
ジャンクレンズ(2本) 2500円送料込
Soligor f=75mm-260mm 1:4.5 1700円送料込
FDマウント用レンズキャップ2個 1100円送料込
リレーボックス材料 3500円送料込
暗視野ガイド、アダプタ 7500円送料込
カメラリモコン 2500円送料込
リレーボックス材料 3500円送料込

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試し撮り

先週に、これまで組み上げた機材を確認するためテスト撮影に出かけた。

構成はこんな感じ。
◯赤道儀:GP赤道儀、DD-3, MT-1でモータードライブ
◯撮影:EOS Kiss X4+70-200mm F4+1.4倍エクステンダーをウエイト軸カメラ雲台+スリックパル自由雲台で固定
◯ガイド:R130S(13cm反射鏡)+3倍バロー+6mm+暗視野ガイド

オートガイドはまだできないんだけど、モータードライブは用意したので、暗視野ガイドを手に入れて、手動でガイドして200mmの望遠で撮影してみようという試みをやってみた。

仕事が終わってから千葉の亀山湖へ。10時を過ぎると街灯が消えるらしい。着いたときには既に消えていた。いい星空で撮影できるんだけど、めちゃくちゃ寒い。。

実際やってみて色々と課題がわかった。
◯長時間露出のやり方がわからない
◯赤経方向の追尾ができていない

初歩的なことで書くのも恥ずかしいんだけど、デジイチで長時間露出るためのバルブ撮影のやり方がわからなかった。昔々に天体写真やってた時はマニュアルフォーカスで、バルブ撮影も機械式のレリーズでやっていた。ネットで検索すると、EOS Kiss X4ではリモコンを使ってバルブ撮影できるとのこと。MモードでシャッタースピードをBULBにし、リモコンを押すと撮影開始、もう一回押すと撮影終了とのこと。帰宅後、早速、ヤフオクでリモコン購入。

もう一つは、赤経方向の追尾ができていない。というか、赤経方向は32倍速以外は機能していないようだ。赤経モーターに赤緯のコードをつなぐとうまく動いている。逆に赤緯モーターに赤経のコードをつなぐと同じ症状がでる。モーターの問題ではなくコントローラーの問題らしい。ヤフオクで中古を買うとこういうことがある。おとなしく修理に出そう。。。

結局、モータードライブなしの手動で追尾して、リモコンなしで撮影できる最長の30秒で撮影したのがこれ。それなりに星が点に写っているので、気をよくして今後の改良に期待。

M13
undefined

M97とM108
undefined

M51
undefined

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円
ジャンクレンズ(2本) 2500円送料込
Soligor f=75mm-260mm 1:4.5 1700円送料込
FDマウント用レンズキャップ2個 1100円送料込
リレーボックス材料 3500円送料込
暗視野ガイド、アダプタ 7500円送料込
カメラリモコン 2500円送料込

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Logicool C310でのオートガイド(その5)

前回の記事でSoligor 75-260mmというレンズを見つけてきた話を書いた。

このレンズ、ずっしり質感があってがっしりした三脚座もついているのでガイド用には非常にいいんだけど、FDマウントなので、EOSマウントをくっつけたC310ではそのままでは使えない。というので、いったんC310をEOSのレンズキャップから外してFDマウントにつけ直すことにした。

FDマウント用のキャップを買ってきて光路をくりぬいのはいいんだが、遠くのものでピントが合わないことがわかった。フランジバックがEOSマウントが44mmなのに対して、FDマウントは42mmとのこと。たった2mmの違いなんだけれど合わないものは合わない。C310→フランジ→レンズキャップの合計長が42mmを超えているらしい。レンズキャップはプラスチック製だったので合うまでけずったところで、ホットボンドで接着した。

出来上がったのがこれ。

undefined
undefined
undefined
undefined

早速、三脚にのせて双子座のポルックスでPHDguidingにガイドさせてみた。
20130216_05811

どうやらうまくいっているらしい。レンズを270mmに合わせてみると星が結構な早さで動いて行くので自転の動きも検知できるくらいの精度は出せそう。

ちなみにこの画面はmacのもの。mac版のPHDguidingはWebカメラは使えないので、コードを追加してLogicool C310が使えるように工作している。使い物になったら公開します。

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円
ジャンクレンズ(2本) 2500円送料込
Soligor f=75mm-260mm 1:4.5 1700円送料込
FDマウント用レンズキャップ2個 1100円送料込

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Logicool C310でのオートガイド(その4)

前の記事で、Canon EF70-200mm F4にLogicool C310というウェブカメラをつけてオートガイドのためのガイダーにする工作の話をしてました。13cm反射鏡のR130Sを撮影用にして、EF70-200mmをガイドにする感じです。

EF70-200mmでC310で明るい星なら写ることがわかったので、ヤフオクでジャンクレンズでも買ってガイド専用レンズにしようと思って、買ったのがSIGMA DL MACRO 70-300mm 1:4-5.6と、SIGMA APO 75-300㎜ 1:4.5-5.6。
undefined
undefined

両方のレンズともC310をつけてシリウスを導入してもパソコンの画面で星像を確認できるんだけど、レンズ+C310の組み合わせで赤道儀に固定するやり方でいいのが思いつかない。Uボルトとかレベルバンドとかでアルミ板に締め付けるのとか、鏡筒用のユニバーサルホルダーで固定するのとかいくつか思いつきはするんだけど、イマイチスマートでない気がする。

なので、他のを買うことに。欲しかったのはレンズに三脚座がついていて、レンズをそのまま雲台に固定できるタイプのもの。EF70-200mmも三脚座はつくんだけど、ガイド用にするのはもったいないし。と、思って色々さがして見つかったのがこれ。

SOLIGOR AUTO-ZOOMf=75mm-260mm 1:4.5 Canon用マウント
undefined

届いたのを開けてみるとずっしり重い。この質感がいい感じ。三脚座もしっかりしている。ただ、レンズが曇ってカビが生えている感じだ。このサイトを参考にさせてもらって掃除せねば。

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円
ジャンクレンズ(2本) 2500円送料込
Soligor f=75mm-260mm 1:4.5 1700円送料込

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GP赤道儀でノータッチガイド撮影

GP赤道儀でノータッチガイドの構成を組んでみた。

コンセプトはできるだけありものの機材を有効活用してコ ンパクトなシステムを組むこと。GP赤道儀とR130S のセットに1軸モータードライブを追加で買ったので、こ れをベースにカメラが載るだけの架台を組んでみた。

すこし考えたのは赤道儀にどうやってカメラを固定する か。赤道儀への搭載がビクセンのアリ型なので、これにあ うアリ溝を用意する必要がある。が、このために新しいの を買うのももったいないなと考えていた時に目についたの が、鏡筒を赤道儀に固定するためのアタッチメントプレー ト。

アタッチメントプレートを鏡筒から取り外し赤道儀に載せ てみたら、重心付近のちょうどいいところに穴が開いてい て、ここにカメラを固定できそう。というので、自由雲台 とカメラネジを購入。

組んでみたらこんな感じになりました。コンパクトでかっ こよく仕上がりました。


鏡筒用のバランスウェイトだと重すぎて釣り合わない。あ と、アタッチメントプレートと赤道儀のアリ型の間の隙間 でカメラネジの頭の高さが余るので隙間ができてしまうの で、実際に運用するときには改良が必要。とはいえ、写真 を撮るくらいなら何とかなりそうです。

undefined

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »