« Logicool C310でのオートガイド(その3) | トップページ | Logicool C310でのオートガイド(その4) »

GP赤道儀でノータッチガイド撮影

GP赤道儀でノータッチガイドの構成を組んでみた。

コンセプトはできるだけありものの機材を有効活用してコ ンパクトなシステムを組むこと。GP赤道儀とR130S のセットに1軸モータードライブを追加で買ったので、こ れをベースにカメラが載るだけの架台を組んでみた。

すこし考えたのは赤道儀にどうやってカメラを固定する か。赤道儀への搭載がビクセンのアリ型なので、これにあ うアリ溝を用意する必要がある。が、このために新しいの を買うのももったいないなと考えていた時に目についたの が、鏡筒を赤道儀に固定するためのアタッチメントプレー ト。

アタッチメントプレートを鏡筒から取り外し赤道儀に載せ てみたら、重心付近のちょうどいいところに穴が開いてい て、ここにカメラを固定できそう。というので、自由雲台 とカメラネジを購入。

組んでみたらこんな感じになりました。コンパクトでかっ こよく仕上がりました。


鏡筒用のバランスウェイトだと重すぎて釣り合わない。あ と、アタッチメントプレートと赤道儀のアリ型の間の隙間 でカメラネジの頭の高さが余るので隙間ができてしまうの で、実際に運用するときには改良が必要。とはいえ、写真 を撮るくらいなら何とかなりそうです。

undefined

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀 27800円
Tリング、接眼アダプタ 5985円
MT−1(新品) 10000円送料込
MT−1用クラッチ 2900円送料込
DD−3(ヤフオク) 13300円送料込
赤道儀用アルミケース 4500円送料込
Logicool C310 2200円送料込
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル 3035円送料込
自由雲台 1900円送料込
カメラネジ 700円

|

« Logicool C310でのオートガイド(その3) | トップページ | Logicool C310でのオートガイド(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420004/49377245

この記事へのトラックバック一覧です: GP赤道儀でノータッチガイド撮影:

« Logicool C310でのオートガイド(その3) | トップページ | Logicool C310でのオートガイド(その4) »