« Logicool C310でのオートガイド(その2) | トップページ | 主鏡の洗浄と光軸の調整(その1) »

極軸望遠鏡の調整

今日も家族が寝るのを待って作業開始。今日はC310を少し置いておいて極軸調整の話題を。望遠鏡のセットがヤフオクで買ったままなので、色々、調整をしないといけないかなと思っている。自分の中で優先順位はこんな感じ。
 1)極軸望遠鏡の軸合わせ
 2)主鏡の洗浄、光軸合わせ
 3)赤道儀のグリスアップ、バックラッシュ調整

1、2はそれほど手間はかからないけど、3はかなり大仕事かな。まずは極軸望遠鏡の調整から。

レクチルは販売当初の古いレクチルだったので、こちらのサイトを参考に、交換することにして、ビクセンのサポートに問い合わせてレクチルだけ売ってもらった。ビクセンのサポートはこんな注文でも丁寧に対応してくれる。

極望を赤道儀から外し、極望の接眼レンズを外し、レクチルが固定されているイモネジを緩めればレクチルがついているフレームが外れる。落とさないように注意。レクチルはフレームにカニ目ネジでとまっていて、カニ目をツメでまわせば外れた。

undefined

レクチルを交換したあと、赤道儀に組み付ける前にピント合わせをしておいた。ピントはレクチルは接眼レンズで、星像は対物レンズで合わせるようになっているらしい。接眼レンズを調整しレクチルにピントを合わせた後、対物レンズを調整し星像にピントを合わせるといいみたい。

レクチルを交換したところで、極軸望遠鏡の軸あわせをやってみた。この作業はこのサイトとかこのサイトあたりに詳しくまとめられているので参考に。

まず、赤道儀を赤経軸方向に回転させても中心がずれないようにレクチルを調整する。このときイモネジをゆるめすぎるとレクチルフレームが外れてしまうのでゆるめすぎないように注意。

レクチルと極望の中心があったら、極望の目盛り環をあわせる。レクチルの北極星の位置を真下にして極望の目盛り環を北極星南中時刻にあわせた。

【使ったお金】
望遠鏡、赤道儀     27800円
Tリング、接眼アダプタ  5985円
MT-1(新品)       10000円(送料込)
DD-3(ヤフオク)     13300円(送料込)
赤道儀用アルミケース  4500円(送料込)
C310          2200円(送料込)
フランジ、ホットボンド 980円
極軸望遠鏡レクチル   3035円(送料込)

|

« Logicool C310でのオートガイド(その2) | トップページ | 主鏡の洗浄と光軸の調整(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420004/48020622

この記事へのトラックバック一覧です: 極軸望遠鏡の調整:

« Logicool C310でのオートガイド(その2) | トップページ | 主鏡の洗浄と光軸の調整(その1) »